FC2ブログ

mistress Chihiro:狂気ト快楽ノ狭間

《 快楽等価交換場 》 希少性的嗜好な《 歪な性癖 》をお持ちの皆様?全て浄化してあげよう!
mistress Chihiro:狂気ト快楽ノ狭間 TOP  >  スポンサー広告 >  アダルト >  【 失態の対価 】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【 失態の対価 】

 
 
僕が使えるのは今大人気の官能小説家の先生。 
 
 
いつかは僕も小説家になりたいと幼い頃からの夢だった。 
 
 
 
『先生…どうなされたんですか……?』 
 
 
ピリピリはりつめ眉間に皺を寄せる先生に僕は恐る恐る声をかける 
 
 
「続きなのよ。続き!」 
 
 
「活字でよりリアリティーのある、その光景が生々しく浮かび上がるような…」 
 
「単語の並べ方じゃないのよ。そんなのズブの素人でも簡単にできるの! 
言霊と言霊がお互いに奏であいながら映像を頭に浮かばすのよー……」 
 
 
 
頭を抱え込む先生 
 
すっと振り返り僕に先生は尋ねる 
 
 
「この間のモデルの女の子は?」 
 
閃いた顔を向ける先生に問われ僕はハッとした。 
 
 
 
 
(ヤバイ…忘れてた……) 
 
 
 
 
『あ、あの…それが…それが…』 
 
 
先生はより生々しい描写を心がける為、 
モデルに実際にその行為をさせ、【声】【顔】【汗】【吐息】【感情】……それをインスピレーションし一気に執筆を仕上げると言う変わった書き方をなさる 
 
 
 
『嫌…中々、スケジュールが合わなくて………』 
 
 
冷や汗を流しながら俯く僕 
 
 
 
 
「ふーん。」 
 
 
「スケジュールねぇ~……」 
 
 
 
俯く僕の顔を覗きこみ 
 
カツンっ 
 
 
 
『っ…痛っ!』 
 
 
「私の顔みてもう一度言って?」 
 
 
 
「冷や汗の量、眼球の動き、貴方何年私についてるの? 
私の執筆法、理解出来てるよね?」 
 
 
 
 
立ち上がり僕の顎を掴み耳元で囁く 
 
 
甘い甘い匂いにクラクラする 
 
 
 
『ごめんなさい…実は……』 
 
 
 
 
言い切る前に顎を掴まれ押し倒される 
 
馬乗りに成りながら先生は呟く 
 
「貴方のミスで私の執筆が遅れる様な事できないの?」 
 
 
 
 
「解る?」 
 
 
と言いながら顎を掴み首に指を絡ませグッと首を締める 
 
 
 
『#※*%§!!』 
 
 
「ナカナカ良い声で鳴くじゃないの♪」 
 
 
首にかけられた手を外されニコニコ満面の笑みで先生は言う 
指を僕に這わし陰部に膝をグリグリとめり込ます 
 
 
『ぐっ…あっ!!』 
 
 
 
「あらあら…良い表現に良い鳴き声……☆」 
 
 
 
「今、書いてるテーマは【凌惹からの羽化】なの…」 
 
 
先生は口に白い指をそっと入れてくる… 
 
 
唾液が零れ息がまともに出来ずに顔が鬱血していくのがわかる…… 
 
 
 
「良い表情ね。 
貴方の失態は忘れてあげる。」 
 
 
 
「アシスタントの仕事は何かしら?」 
 
 
 
「私により良い作品を書かすこと」 
 
 
残虐性丸出しの笑顔で僕を見る先生………… 
 
 
まだ序の序の口 
 
もう二度と失態は致しません… 
 
 
 
 
 
 



関連サイト
◆女王様データベース
URLにアクセス→年齢認証・18歳以上→サイトにログイン
http://www.smqueendb.com/?id=LNK93279976
◆instagram
https://www.instagram.com/mistresschihiro/
◆動画サイト
https://cihiro666.tumblr.com/
◆つぶやき女王
http://fustagram.com/Ming_c_666c

お勧めサイト
http://www.smqueendb.com/?id=LNK93279976" target="_blank">




SMデータベース
関連記事
[ 2017/07/12 08:16 ] アダルト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。