FC2ブログ

mistress Chihiro:狂気ト快楽ノ狭間

《 快楽等価交換場 》 希少性的嗜好な《 歪な性癖 》をお持ちの皆様?全て浄化してあげよう!
mistress Chihiro:狂気ト快楽ノ狭間 TOP  >  スポンサー広告 >  アダルト >  【 家 畜 人 】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【 家 畜 人 】


 
私の勤める大学病院の研究室。 
 
 
 
 
頭の堅い教授の助手として、 
【DNAの変化】【細胞】【インフルエンザの特効薬】等を研究している。 
ーーーー 

「おはようございます。教授。」 


研究室のドアをあけ、 
昨日頼まれていた【細胞】【DNA】の書類をまとめたものを先生に提出する。 

先生は私より早く出勤されたのか机に向かいブツブツ独り言を繰返し私の存在すら気がついていないようだ。 


「すみません、先生…昨夜頼まれた資料を…」 


言い終わるか居なか、資料を手にし、目を通す先生。 


『ああ。昨日の資料のまとめね。』 


私の手から資料を取り上げ目を通す先生。 

(挨拶くらい出来ないのかしら、この人。) 


挨拶もせず資料を取り上げる彼に些かの苛立ちを感じながらも資料に目を通す先生を傍目に一例し自分の机に向かいやり始めたばかりの研究の資料に目を通し始める。 

その時。 


『ちょっと、ちょっと何なんだよこれわぁ… 
こっちへ来たまえ。君は一体どんな計算式をした?!』 



研究室に響き渡るほどの大声を出し呼び出される。 
先生は黒板にバカにでも解るような公式を書き出し私に強くいいはなつ 

『ちひろ君、君は研究者としての自覚があるのかなー? 
こんな単純な計算式すら間ともに出来ず、よく提出出来たねー?』 
『ほんと見上げるよ~。よくこの研究室に配属されたね?そんな知識で~。』 


嫌みたらしく遠回しにチクチク嫌味を言う男 

計算も資料も頼まれた様にまとめたのに… 

不服を我慢し、先生に謝ろう。 
早くこの会話を終わらしたい。 
「すみませんでした。」 


余計な事を言わず一礼し席に戻ろうとすると、

『待ちなさい。君は研究者としての自覚はあるのかい?』 


私を呼び止め嫌味が始まる 


『研究者と言うのは寝る間も惜しんで、研究するんだよ!』 

『なんだい?その服装?』 

スーツ姿の私に喰ってかかる先生 

「いや…コレは指定の物を着用してますが何か?」 


余りの言い様に私の我慢も限界だ
『ああそうかい。 
じゃあそのメイク?そんな事する暇あるなら研究する暇あるんじゃないの~?』 


私の顔を除きこみ私に問い質す先生 


最低限のたしなみは人として常識だろうが。 
私の苛立ちも限界に達した。
八つ当たりの対象に成るため仕事をしている訳では無い。 

嫌味を言いながら満足気な教授にいい放つ 


「そう言う先生は寝る間も惜しんで研究に没頭されてるんですか?」 


『はは。 
君みたいな腰かけと同じにしないでくれたまえ。』 

『今回の研究の為にここ数ヶ月まともに家にすら帰れてないよ。』 

あざけ笑いながら私に得意気な顔をする教授 


 (ここ数ヶ月ねえ…) 


「それはご立派ですね。流石、教授。 
じゃあコレは一体なんなんでしょうね?」 


私は鞄の中から一冊の雑誌を取り出した 


嫌味な顔で覗き込み雑誌の表紙を見て先生の顔が一変するソコに出されたのは、一冊のハードSM雑誌 

グラビアを飾るのは縛り上げられ口枷をされた堅物教授の姿だ。 

『家畜人ですって!凄いですよね~。こんな大々的にグラビアに乗るなんて~』 

『寝る間も惜しんで……』 

『家畜になってるんですか?クスクス』 


嫌味をたっぷりこめて机に腰をかけペラペラとページを捲る

『研究なんちゃら言っちゃって家畜に論文書けるのかしらねぇ?』


慌てふためき私から雑誌を取り上げようとする教授 


「きみー!プ…プライバシーの侵害だー!」


駆け寄り雑誌を取り上げようとする教授の首を掴み 

『はあ? 
プライバシー?笑わせないで? 馬鹿みたいにグラビアに写真を上げて家畜風情がプライバシーなんて人権あると思ってんの?』 


先生に近付き首を閉めたまま股間にグリグリと膝をめり込ませる 
『んぐ…あ……』 

鬱血した顔をしながらも甘い吐息を漏らし陰部を熱くする家畜☆ 

『あらあら本当に家畜じゃない?クスクス』 

『家畜ごときに蘊蓄垂れられてたなんて虫酸が走るわ。』 

『良いこと思い付いちゃった~♪ 
こんな写真が出回ったら論文の評価はどうなるのかしらねー…』 

クスクスあざけ笑いながら怯えきる教授に質問する


「ちひろ君!それだけは!それだけは……」 

脚にすがり付く教授を振り払い 

『家畜が気安くさわないで!』 
『ま…私の機嫌次第だけど?』 

ニヤリと這いつくばる先生を見据える 

「ち…ちひろくん…」 

『生意気に家畜が喋らないでくださる?』

『家畜なりの奉仕の仕方あるんでしょ?』 

『ほら?』 


脚を這いつくばる先生に付き出す
丁寧に靴を取り頬擦りをしようとする 

『あつかましいね。順序があるでしょ?』 

顔を踏みつけ言い聞かせる 


『内緒にして欲しかったらシッカリ誠意をみしてね♪ 
聖水と脚、圧迫、お尻が好きなの?ふふふ』 


『今まで散々、私に嫌がらせしてくれて有難う☆』 


『さあ…暴露されるかは貴方しだいよ?クスリ』


教授と呼ばれながらも床に這いつくばり陰部を熱くさしながら悶える逸れに

憎しみに代えて飴をやろう

ねえ? 

肉塊さん♪


関連サイト
◆女王様データベース
URLにアクセス→年齢認証・18歳以上→サイトにログイン
http://www.smqueendb.com/?id=LNK93279976
◆instagram
https://www.instagram.com/mistresschihiro/
◆動画サイト
https://cihiro666.tumblr.com/
◆つぶやき女王
http://fustagram.com/Ming_c_666c

お勧めサイト
http://www.smqueendb.com/?id=LNK93279976" target="_blank">




SMデータベース
関連記事
[ 2017/07/13 12:00 ] アダルト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。